挙式会場の装飾はスタイルに合わせた工夫が大事!

挙式会場

憧れの結婚式。

「せっかく結婚式を挙げるなら、挙式会場も装飾したい!」と考えている方も多いですよね。

今回は、スタイル別の挙式会場のおすすめ装飾アイデアについて、ご紹介していくことにしましょう。

 

教会式の装飾アイデア

定番は装花

教会式の定番装飾といえば、やはり装花。

ゲスト席にフラワーアレンジメントを設置したり、バージンロードに花びらを散らすだけでガラっと雰囲気が変わります。

シンプルなチャペルは、装飾でお好きなイメージに演出しましょう。

 

チャペルの雰囲気をこわさないように注意!

「チャペルも披露宴会場と同様にたくさん装飾したい!」と考える方も多いですが、チャペルはとても神聖な場所。

ペーパーアレンジメントを多用してしまうと、どこかチープな印象になってしまいます。

そのチャペルならではの雰囲気を活かしながら、装飾を行いましょう。

 

神前式の装飾アイデア

ブーケを持つのもアリ!

「ブーケはウェディングドレスで持つもの」というイメージをお持ちの方も多いですよね。

ですが、近年では神前式でブーケを持つ方も多いです。

装飾とはちょっと異なりますが、花嫁さんがブーケを持つだけで会場の雰囲気が華やかになりますよ。

 

装飾は和風小物で統一

装飾を行う場合は、和風の小物で統一しましょう。

洋風の装飾を行うと、チグハグな印象となってしまいます。

式場ごとにできる装飾は異なるので、プランナーさんに相談してみることをおすすめします。

 

装飾が雑多にならないよう注意

チャペルと同様に、神殿も神聖な空間。

派手すぎる装飾は、避けたほうが無難です。

凛とした空気感をこわさないよう、装飾を考えてみてくださいね。

 

ガーデンウェディングの装飾アイデア

基本は人前式と同じ考え方でOK

ガーデンウェディングは教会式スタイルで行うことも多いですが、チャペルで行うよりも自由度が高いです。

そのため、装飾に対する考え方は人前式と同様でOK。

工夫次第でさまざまな装飾を楽しめます。

 

屋外ならではの装飾を考える

ガーデンウェディング最大の魅力は、なんといっても屋外であること。

  • 木にガーランドを吊るしたり
  • 緑に映えるウッド調のゲスト席を設置したり
  • ……

など、屋外ならではの装飾を考えてみましょう。

青空の下にぴったりの小物や装花を考えてみてくださいね。

 

挙式会場の装飾について意識したいポイント

披露宴とは異なり、挙式は大切な儀式のひとつ。

あまりに華美すぎる装飾は、控えるようにましょう。

会場の雰囲気を大切にしながら、おふたりらしさを出せる装飾を行うことがポイントです。

プランナーさんともじっくり話し合って、素敵な会場づくりをしてくださいね。